ステッカー印刷は屋外でも色落ちしない技術

ステッカー印刷は屋外向けの印刷技法で、商品の宣伝などで見かけると思います。
インターネットで検索してみると、シールとの違いは何かであるか記載しているホームページもみられました。
違いは、天候による色落ちがしにくいインクを使っているようです。
実際のところどのくらいインクが持ちこたえられるかは3年~5年ほどですが、用途や印刷会社によって様々です。
屋外向けにしても長持ちするものだと、調べてみて驚きました。
ステッカー印刷の技法で本の表紙も印刷できれば、日向においても色あせずに済みそうですね。
このステッカー印刷が考案され、実用に至ったことで、スマートフォンやギターケース、自転車などのオシャレができるようになりました。
様々なデザインのステッカーを張って、量産品でありながら自分だけのアイテムに作り替えることができます。
特に自転車のような屋外で使う道具にとって、この印刷技法のアイテムは数年、輝かしいアクセサリーになるのではないでしょうか。
ただし、一度貼ってしまうと剥がしにくいものものありますので、ご利用は計画的にお願いします。

シール印刷をお買い求めの方はコチラまで

スカイグループについて書かれております

IPSコスメティックス

最新投稿